インフォメーション

INFORMATION

コムサロン21からのお知らせ

近日開催イベント

近日開催イベント

GET YOU

近日開催イベント

亀山御坊楽市楽座

EVENT SCHEDULE

イベントスケジュール

COM NEWS

comニュース

コムサロン21の活動や
事業のご紹介

様々な場所で活動をしているコムサロン21の事業内容やイベント、会員様のご紹介など盛りだくさんの内容で毎月発行しております。
バックナンバーページでは過去の内容もご確認頂けます。

ニュース
 

MESSAGE

今月のメッセージ

『祈る』ということ

活きる(令和6年2月)

毎月、朔月参り、十五日参りをし、仕事が始まる前に、部屋の四隅に祈りの言葉というものをあげています。 これらは、目に見えないものをより意識し、職場の空氣、空間を変える一つとして行っています。
「目に見えない所が本物にならないと、目に見える側が本物にならない」目に見えないところにこそ、本物がある事に氣付くことが大切であると。神社に足を踏み入れた時の感覚、それは今までの多くの方々の『祈り』が畳み込まれていることを。何とも言えない”すーっと ふわーっと”とした感覚を覚えます。
祈りと聞いて宗教っぽく感じられるが、医療の分野で実施されたものがあります。他人に祈られた心臓病患者と、そうでない患者とでは、症状に違いがあるかを調べられた。祈られた患者は人工呼吸器、抗生物質、透析の使用率が低いことが判りました。さらに、西海岸にあるこの病院から遠く離れた東海岸側からの祈りにも効果があった。その患者たちは祈られていることを知らなかったそうです。
また、デューク大学での実験では、65歳以上の4000人を調査したところ、毎日祈りをささげている人は、祈らない人よりもずっと長生きしたそうです。祈りを送られる人にも、祈るという行為を行う人にも、祈りはよい効果をもたらすということです。
祈り(いのり)の語源は「生きる(い)ことを宣べる(のり)」。自分の行動を宣言すること。自分の行動を宣言すること。自分のことを願うのは依存することで、宣言することは見守ってくれている存在を信じ、その存在を自らの心のうちで育むこと。
祈りという字から、すっと立ち、手を合わせている姿が見えます。既述した、祈るという行為を、ただただ続けていきたいと思います。


人間塾塾生 安田賢三